マンガ、アニメ、映画の感想を書くサイトです。

カルカタ

マンガ

自分の気持ちに気付き始めた古橋文乃!ぼくたちは勉強ができない 5巻の感想を暑苦しく語る

投稿日:

皆さんは少年の心を持っているだろうか?

しつこいかもしれないが、ぼくはまだ少年の心を持っている。

そうぼくたち男はいつだって、少年の心を忘れない。

今回はそんな少年の心を忘れないぼくが、今夢中になっている漫画を紹介したいと思う。

その漫画とは、このブログで何回も紹介しているあの漫画だ。

「ぼくたちは勉強ができない」

通称「ぼく勉」だ。

ぼくたち人間は、いつだって自分の愛すべき対象の名前を略したがる生き物だ。

それでは早速ぼくたちは勉強ができない 5巻の魅力を紹介しよう。

ぼくたちは勉強ができない 5巻は各キャラの魅力を再認識できる巻だ

前巻までで主要なキャラは一通り出尽くした感がある。

かわいい同級生のヒロインである緒方理珠、古橋文乃、武元うるか。年上先輩キャラ、あしゅみぃ先輩こと小美浪あすみ。禁断の愛感が半端なさすぎる桐須真冬先生。今回の巻では、これまで登場した全てのキャラクターの魅力を、再度深掘りしている。

すべてのキャラの魅力がとてもよく伝わってくるし、どのキャラもお嫁さんにしたい位かわいい。

もちろん僕の1推しキャラは武元うるかでゆるがない。

5巻最初のエピソード。「ポニーテール事件」は、恋する乙女の魅力がこれでもかと凝縮されていて、本当におすすめのエピソードであり、僕の心につきとても深く突き刺さるものだった。ピュアすぎる。今時の女子高生とは思えないくらいにピュアすぎる。

彼女を突き刺したいよ!

、、、すまない、心の声が漏れた。

彼女の魅力については、いくら語っても語り尽くせない。5巻でも恋する乙女オーラで、ぼくの心を鷲掴んで話さない。でもそれだとブログのエントリとして目新しさがない。

僕の1番のオススメキャラは武元うるかで変わらない。

しかし今回はそれ以外の人物に焦点を当ててみたいと思う。

段々と自分の気持ちに気づき始めた古橋文乃

5巻でスポットを当てたいと思うのは、今まで黒子役に徹してきた古橋文乃である。

古橋文乃とは、文系の天才少女である。

おつはいは、作中キャラで一番薄いし、本人もそのことをとてもコンプレックスに思っている。

しかし、それがいい。

しかし、おつはい以外のパーツ、おそらくそのスタイルの良さと顔の可愛さは、全ヒロインの中でもナンバーワンである。

古橋文乃の5巻で最も注目すべきエピソードは、ヘタレ主人公である唯我成幸とのお泊まりエピソードである。

ある事情で同じ旅館に泊まることになった2人。

もちろんラブコメだから同じ部屋、そして同じ布団で寝ることに。

互いを異性としてギンギンに意識する2人。恐らく唯我成幸のあそこはギンギンである。あそことは、もちろん目である。目がギンギンに冴えて、とても眠れたものでない。

というか、性欲が旺盛な高校生男子なら、たとえ相手が好きな女子でなかったとしても、これはラッキーと思い手を出さずにはいられないシチュエーションである。しかも相手は学内でも評判の美人である。ぼくだったら夏のせいにして優勝するよ。

しかしそこは安定のラブコメの主人公。手を出すことなく翌朝を迎える。

まぁもちろん家に帰ってから1人でこっそり自分磨きをしたであろう事は容易に想像がつくが。

話がそれた。このエピソードで、古橋文乃は押さえ込んでいた自分の気持ちに、おそらく気づいた。そう、主人公・唯我成幸への恋心である。

自分の友達2人が好きな男の子のことを好きにならないと決めた彼女。でも、その決意は崩れ、どんどん主人公にハマっていく古橋文乃。この先に待ち受けているのは、ドロドロの展開だ。

古橋文乃の魅力は、やはりその常に夢を求める姿勢であろう。そしてその姿勢は主人公である唯我成幸も認めているし、そんな彼女に対して唯我成幸は尊敬の念を抱いている。

恋愛において尊敬の感情はとても大切だ。

ちなみに武元うるかに対しても唯我成幸は尊敬の念を抱いている。

唯一尊敬の念なしに、純粋に可愛いなと思っているのは緒方理珠だろう。

そして唯我成幸は、緒方理珠のおつはいにも興味津々だ。

男の子ならしょうがない。僕だっておつはいには興味津々だ。

おわりに

自分の気持ちに気付きはじめた古橋文乃。

そんな彼女が今後どういった態度を取るのか。

おそらくその変化からの行動こそが、この作品が名作になるかどうかを左右する要素になるであろう。

それにしても主人公モテモテやな。

先生や先輩にまでモテるなんて、本当にラブコメの主人公はうらやまけしからん。

さて5巻も最後のエピソードは武元うるかのエピソードの前半で終わっており、次が楽しみでしょうがない。

本当に武元うるかエピソードは胸がキュンキュンしていい。

6巻が発売したら、また暑苦しく感想を語ろうと思う!

楽しみにしていてくれよな!

おしまい。

-マンガ

Copyright© カルカタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.